ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故

ウエスト・カリビアン航空
ウエスト・カリビアン航空708便墜落事故 (West Caribbean Airways Flight 708) は、2005年8月16日木曜日の朝にベネズエラ西部のコロンビア国境付近で墜落したウエスト・カリビアン航空の旅客機墜落事故である。 この便はマルティニークの旅行代理店 Globe Trotters de Riviere Salee によってチャーターされたもので、パナマのトキュメン国際空港からマルティニークのフォール・ド・フランス空港へ向かう途中であった。 搭乗していたとみられる160人のうち、乗員8人はコロンビア人。乗客152人はフランス人、コロンビア人、パナマ人で、ほとんどがパナマで休暇を過ごしたフランス人だった。 この旅客機はコロンビアとベネズエラの国境付近で2基のエンジンのうち片側が、しばらくして、もう一方のエンジンに異常が発生した。緊急着陸を試みるためマラカイボの空港に向かったが、毎分7000フィートで降下を続け墜落した。