アンティル諸島

アンティル諸島アンティル諸島(アンティルしょとう、英語・フランス語 Antilles、スペイン語 Antillas、オランダ語 Antillen)は、中央アメリカの諸島。フロリダ南方から南米大陸近海まで3200キロメートルにわたり伸び、カリブ海を大西洋・メキシコ湾を分けている。 大アンティル諸島 (Greater Antilles) と小アンティル諸島 (Lesser Antilles) からなり、小アンティル諸島はリーウォード諸島 (Leeward Islands) とウィンドウォード諸島 (Windward Islands) からなる。ただし、ウィンドウォード、リーウォードとは単に風上・風下という意味で、ソシエテ諸島にも同名の2つの諸島がある。 バハマ諸島などと共に西インド諸島もしくはカリブ諸島を構成するが、西インド諸島・カリブ諸島の大半はアンティル諸島である。 大航海時代以降大アンティル諸島はスペイン、小アンティル諸島はオランダやフランス、イギリスに征服された。その後彼らの持ち込んだ疫病により先住民は絶滅したため、今の住民は入植者とその奴隷、移民の子孫である。 アンティルはアンティリア (Antilia) の複数形で、ヨーロッパ中世の地図に描かれた空想上の列島である。カナリア諸島とアジアの間にあるとされた。Antilia は古いラテン語の ante(前)と insula(島)の合成語で、「(アジアの)前の島」という意味である。 いくつかの言語ではカリブ海のことを「アンティル海 (Sea of the Antilles)」とも呼ぶ。