カトラー・ベケット

カトラー・ベケットカトラー・ベケット(英語名:Cutler Beckett)は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの2作目から登場したキャラクター。物語の設定の中では、東インド会社の権力者として描かれている。イギリスの俳優であるトム・ホランダーが演じている。ベケット卿という風に称号をつけて呼ばれる場合もある。 映画では2作目から登場したが、キャラクターの設定では1作目の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」以前に、ジャック・スパロウと面識があったという。その昔ベケットはジャックを雇っていて、ある日奴隷船を運搬する役割を命じた。しかし、ジャックは船に乗っているのが奴隷だとわかると運ぶのをやめ、乗っていた奴隷たちをアフリカ大陸で解放した。これに激怒したベケットはジャックの船を沈め、「P」の焼印を押すよう命じた。 その後パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストから正式に登場。世界の海賊たちを取り締まる役割を担った。狡猾で頭の切れるベケットは、ジェームズ・ノリントンが持ってきたデイヴィ・ジョーンズの心臓を使ってジョーンズの弱みを握ることを考えた。一方でノリントンには昇格を持ちかけた。 3作目のパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドでは、冒頭で海賊容疑で逮捕した大勢の人々を絞首刑にするよう命じた。その後ジョーンズに父親を交流されているウィル・ターナーやサオ・フェンらと交渉を進めるなどした。後半のシーンでは東インド会社の大軍を呼び海戦を行った。権力を手中におさめたデイヴィ・ジョーンズ率いるフライング・ダッチマン号がジャックらによって沈められたのを見た後、ブラックパール号に接近していくが、最後は海の中から復活したウィルが率いるダッチマン号とブラックパール号に挟み撃ちにされ、船を両側から激しく撃たれる。部下が次々と船を捨てていく中、ベケットはゆっくりと爆発する船の階段を下り、炎の中に消えた。