スペイン

スペインスペイン(エスパーニャ)は、ヨーロッパ南西部、イベリア半島の大部分を占める国。首都はマドリード。 ポルトガル、イギリス領ジブラルタル、フランス、モロッコ(飛び地となっているセウタ、メリリャにおいて)、アンドラと接している。本土以外に、大西洋のカナリア諸島や、北アフリカにセウタとメリリャの2つの飛び地や、アルボラン海にあるアルボラン島を領有している。

国名
正式名称はスペイン語で、Espana(エスパーニャ)。日本語の表記はスペイン、これは英語のSpainに基づく。漢字で西班牙と表記し、西と略す。ただし、江戸時代以前の日本においては、よりスペイン語の発音に近いイスパニアという呼称が用いられていた。

スペインは、国王を元首とする王国であるが、1978年憲法でそれまでの国名スペイン王国(スペイン語ではReino de Espana(レイノ・デ・エスパーニャ))を改称した。これは、君主制は維持するものの、その位置づけは象徴的な存在に変わり、国を動かすのは国民によって選ばれた議会が中心になることを明確化するためにとられた措置であった。特に国であることを示す際はスペイン国(Estado Espanol(エスタド・エスパニョル))と呼称する。しかし王国であることに違いはないため、慣例的に「スペイン王国」と呼ばれることもある。

歴史
詳細は、スペインの歴史参照。歴代君主の一覧は、スペイン君主一覧を参照。

紀元前146年 - 共和政ローマがそれまでヒスパニア地方を支配下に置いていたカルタゴを滅ぼす。
紀元前27年 - ローマが共和政から帝政に移行。その後の属州の再編でヒスパーニア・タラコネンシス、ヒスパーニア・バエティカ、ルシタニアの3州に分割して統治される。
415年〜711年 - 西ゴート王国(首都トレド)
756年〜1031年 - 後ウマイヤ朝(首都コルドバ)
1035年 - アラゴン王国独立。
1038年 - カスティーリャ伯フェルナンド1世、レオン=アストゥリアス王国を継承しカスティーリャ王国が成立。
1479年 - カスティーリャ女王イサベルとアラゴン王フェルナンドの結婚によりスペイン王国(イスパニア王国)が成立。
1492年 - スペイン王国、グラナダを陥落させナスル朝滅び、レコンキスタ完成。
1516年 - ハプスブルク家のカールがスペイン王カルロス1世として即位。、スペイン・ハプスブルク朝の開始。1519年に神聖ローマ帝国皇帝カール5世としても即位。ハプスブルク家の全盛時代を迎える。
1538年 - オスマン帝国にプレヴェザの海戦で敗れる。
1556年 - フェリペ2世即位(-1598年)。「太陽の没することなき帝国」と呼ばれる。1580年ポルトガル王も兼ねる。
1561年 - フェリペ2世、トレドからマドリードへ遷都。
1568年〜1648年-八十年戦争(オランダ独立戦争と呼ばれる事もある)。
1588年のアルマダの海戦で無敵艦隊が英国に敗れて後、スペイン・ハプスブルク朝の勢力は弱体化を開始する。
三十年戦争にも部隊を派遣。白山の戦いの勝利に貢献し、ネルトリンゲンの戦いでは戦勝の立役者となるなど神聖ローマ皇帝軍をよく支えた(莫大な財政援助も行っていた)。しかしその見返りにスペインが期待していた皇帝軍の八十年戦争参戦やマントヴァ公領継承戦争への参戦は実現せず、スペインの衰退を加速させる結果となる。
1641年にはポルトガルが独立し、1648年にはオランダ独立を承認、1659年には西仏戦争を終結させるフランスとのピレネー条約を不利な条件で締結するなど、スペインの黄金時代は終わりを告げた。
1700年 - 直系の跡継ぎの絶えたハプスブルク王家に代り、フランスのブルボン家がスペイン王位を継承してブルボン朝(スペイン語風に「ボルボン朝」とも)が始まる。これにはオーストリア、イギリスの反発もあり、スペイン継承戦争が勃発。
1701年〜1713年 - スペイン継承戦争
1740年〜1748年 - オーストリア継承戦争に参加。
1756年〜1763年 - 七年戦争に参加。
カルロス3世即位(1759年-1788年)。スペインの中興。
1808年 - ナポレオンの侵攻を受ける(ナポレオン戦争)。王位を一時奪われるが1814年復帰。
1868年〜1874年 - 空位。1874年王政復古。
1931年 - スペイン革命によりブルボン朝が滅亡し第二共和政が成立。
1936年〜1939年 - スペイン内戦、その後1975年までフランコによる独裁。
1975年 - フランコの死去によりフアン・カルロス1世が即位。
1978年 - 新憲法が承認され、立憲君主制に移行。

政治
政体は立憲君主制(議会君主制)。国王は国民統合の象徴と規定されている。かつてはフランコによる独裁政権だったが、現在は民主化されている。議会(Cortes Generales)は2つあり、下院(Congreso de los Diputados)は定数350議席で4年ごとの直接選挙で選ばれ、上院(Senado)は定数259議席で208議席が選挙によって選ばれ、残り51議席が地方自治体の代表で構成される。現在の与党はスペイン社会労働党(Partido Socialista Obrero Espanol, PSOE)で、国民党(Partido Popular, PP)と共に2大政党制を構成する。その他の政党には、カタルーニャやバスクの地域政党が存在する。

地方行政区画

スペインの自治州詳細はスペインの地方行政区画およびスペインの県を参照。

スペインは、17の自治州から構成される。また、各州は50の県に分かれる。

アンダルシア州
アラゴン州
アストゥリアス州
バレアレス諸島
バスク国
カナリアス諸島
カンタブリア州
カスティーリャ・ラ・マンチャ州
カスティーリャ・レオン州
カタルーニャ州
エストレマドゥーラ州
ガリシア州
ラ・リオハ州
マドリード州
ムルシア州
ナバラ州
バレンシア州
また、アフリカ沿岸にも5つの領土がある。セウタとメリリャの諸都市は、都市と地域の中間的な規模の自治権を付与された都市として統治されている。チャファリナス島、ペニョン・デ・アルフチェマス島、ぺニョン・デ・ベレス・デ・ラ・ゴメラ島は、スペインが直轄統治している。

地理

地形

スペインの地形スペイン本土は高原や山地(ピレネー山脈やシエラ・ネバダ山脈)に覆われている。高地からはいくつかの主要な河川(タホ川、エブロ川、ドゥエロ川、グアディアナ川、グアダルキビール川)が流れている。沖積平野は沿岸部に見られ、最大のものはアンダルシア州のグアダルキビール川の平野である。東部の海岸にも中規模な河川(セグラ川、フカール川、トゥリア川)による平野が見られる。

南部と東部は地中海に面し、バレアレス諸島が東部の海岸沖にある。北と西は大西洋に面し、北部で面している海域はカンタブリア海(ビスケー湾)と呼ばれる。カナリア諸島はアフリカ大陸の大西洋沖にある。

スペインが接する国境の長さは、アンドラ63.7km、フランス623km、ジブラルタル1.2km、ポルトガル1,214km、モロッコ6.3kmである。