ハリケーン ギルバート

ハリケーン ギルバートハリケーン・ギルバート(Hurricane Gilbert) は1988年に大西洋で発生し、西インド諸島を中心に甚大な被害をもたらしたハリケーンである。勢力はサファ・シンプソン・ハリケーン・スケール(SSHS)でカテゴリー5に達し、ピーク時には中心気圧が888hPaを記録した。これは、大西洋で発生したハリケーンとしては、観測史上ウィルマに次ぐ2番目の記録であり、20世紀では最も低い記録である。 ギルバートによって341名が死亡し、被害は55億USドル(1988年当時)にのぼった。 ハリケーン・ギルバートは1988年9月8日にカリブ海東部で発生した。その後、西進して西インド諸島諸国を襲い、ユカタン半島に上陸した。その後、メキシコ湾を通り再度上陸。テキサス州及びアメリカの諸州を通過し、9月19日に消滅した。

経過

ギルバートの経路1988年9月3日、アフリカ大陸沿岸からトロピカル・ウェーブが発生した。それは西に移動し、発達していった。

9日にはウィンドワード諸島の近く、バルバドスの東400マイル(640km)付近で、シーズン12番目のトロピカル・デプレッションになった。それは急速に発達し、小アンティル諸島を通過している間にトロピカル・ストーム・ギルバートとなり、このシーズンで7番目に名前が与えられた熱帯低気圧となった[1]。


ジャマイカに接近するハリケーン・ギルバート
再度上陸するハリケーン・ギルバート成長を抑える要因がなかったため、ギルバートは急速に発達し、10日にはハリケーンに成長した。11日にはSSHSでカテゴリー3の強さになり、メジャー・ハリケーンに分類された[2]。それは北からの強い高気圧に影響され、西北西に移動していき、ジャマイカに上陸した。ギルバートの目がジャマイカを通過した際、SSHSでカテゴリー3、中心気圧960hPa、風速125mph(205km/h)の強さを保持していた[1]。

ギルバートはジャマイカの沿岸を通過した後、急速に勢力を強め、ケイマン諸島付近を通過した。13日には、グランドケイマンの調査局で最大瞬間風速156mph(252km/h)を記録した。

ギルバートは24時間で72hPaも中心気圧を下げ、ピーク時には888hPaという驚異的な中心気圧を記録した[1]。これは、2005年にハリケーン・ウィルマが882hPaを記録するまで、大西洋で発生したハリケーンとしては、最も低い記録であった。

ギルバートは、メキシコのコスメル島に再度上陸。14日にはカテゴリー5の強さでユカタン半島に上陸した[1][3]。大西洋で発生したハリケーンが、カテゴリー5の勢力のまま上陸したのは1979年にイスパニョーラ島に上陸したハリケーン・デイビッド以来であった。コスメル島に上陸した際の中心気圧は900hPaだったとされている[3]。ギルバートは、ユカタン半島を縦断し、カテゴリー2のハリケーンとしてメキシコ湾に抜ける[2]。その後、一時は勢力を弱めるも、再び急速に勢力を強め、16日にカテゴリー3の強さでメキシコのタマウリパス州に上陸した。

17日、ギルバートはヌエボ・レオン州のモンテレー付近を通過し、北に大きく進路を変えた。そして、18日、アメリカのテキサス州に29もの竜巻を発生させた。その後オクラホマ州を通過し、19日にミズーリ州を越えたあたりで、低気圧に取り込まれる形で消滅した[1]。

被害
各国の死者 国名 死者数
メキシコ 225[4]
ジャマイカ 45[3]
ハイチ 30[3]
グアテマラ 12[3]
ホンジュラス 12[3]
ドミニカ共和国 5[3]
ベネズエラ 5[3]
アメリカ合衆国 3[3]
コスタリカ 2[3]
ニカラグア 2[3]
総計 341
ギルバートは、メキシコを中心に341名の死者を出した。正確な被害額は不明だが、被害地域全体で約55億USドル(1988年)の被害が出たと見られている。

ベネズエラ
北部で発生した鉄砲水などにより、ベネズエラでは5人が死亡した [5]。

ジャマイカ
ジャマイカでは、およそ45名が犠牲となった[6]。山岳地帯では、27インチ(700mm)もの雨が降り、内陸部に鉄砲水を引き起こした[7]。ギルバートは、1951年のハリケーン・チャーリー以来、ジャマイカに最も深刻な被害をもたらしたハリケーンとなった[8]。被害は40億USドル(1988年)にのぼった。また、作物や住居、
道路などのインフラも壊滅的被害を受けた[8]。

ケイマン諸島
ケイマン諸島では、13日にギルバートが南を通過する際、最大瞬間風速157mph(251km/h)を記録したが、大きな被害は免れた。それでも、作物や、木、牧草などが甚大な被害を受け、多くのプライベート・ホームが壊滅的なダメージを受けた[9]。

メキシコ

ギルバートによる降雨(メキシコ及びアメリカ合衆国)ギルバートがユカタン半島を直撃し、通過した際、3万5千人が家を失い、83の船舶が沈み、6万棟の家屋が破壊された。被害額は10〜20億USドル(1989年)と推測される[10]。その上、カンクン地域では観光への影響が現れ、10月から12月頃までで、その損害は8千7百万USドル(1989年)にのぼると言われる[11] 。ユカタン州のProgresoでは13.78インチ(350mm)もの雨が観測された[12]。

メキシコ北東部では、モンテレー周辺で激しい洪水が起き、5台のバスが転覆し、100人以上が死亡した[10]。北東部では、タマウリパス州の内陸地域で10インチ(254mm)以上の雨が記録された[12]。

アメリカ合衆国
テキサス州では直撃による影響が心配されていたが、比較的小さい被害に抑えられた。それでも、高潮や砂浜の侵食、竜巻の発生などで被害がでた[13] 。

オクラホマ州ではWichita Mountain Wildlife Refuge(ウィチタ山自然動物保護地域?)で8.6インチ(218mm)の降雨が観測された。テキサス州や、オクラホマ州から離れた地域でも7インチ(178mm)の降雨が記録された。ミシガン州中部では3インチ(76mm)程の雨が観測された[12]。

記録

20世紀最大規模のハリケーン
上記の通り、ギルバートの最低気圧は888hPaであり、ユカタン半島に上陸した際の最大瞬間風速は95m/s、ジャマイカ全土の80%にあたる家屋が全壊、半壊、損傷の被害にあったという記録が残っている。熱帯低気圧に変わった後のメキシコ再上陸時にも平均風速は50m/sで、多大の被害を与えたことから、ギルバートは20世紀最大規模のハリケーンと言われている。

名称の引退
このハリケーンは、各地に甚大な被害をもたらしたため、1989年の春にギルバートという名称は引退となった。そのため、大西洋で発生したハリケーンには二度とギルバートという名前は使用されない。そして、1994年のシーズンからゴードン(Gordon) が使用された。