ジェームズ・ノリントン

ジェームズ・ノリントンジェームズ・ノリントン(英語名:James Norrington)は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの3作品全部に登場しているキャラクター。イギリス海軍の士官を務めていた。イギリスの俳優であるジャック・ダベンポートが演じている。 海賊を取り締まる海軍の士官として1作目のパイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち、に登場した。エリザベス・スワンに好意を抱いており、結婚を迫ったが、エリザベスはウィル・ターナーに気があったため三角関係となった。ジャック・スパロウを処刑するはずだったが、作品の最後で見逃している。 この1作目が終了した後、二作目のパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストに入る前に、一度海でハリケーンにあって部下を失ったことが原因で、階級をはく奪されてしまっていた。よって2作目では登場したときにかなりボロボロの様子だった。その後デイヴィ・ジョーンズの心臓が入った宝箱をめぐってウィルやジャックと闘うこととなる。結局ノリントンは心臓を手に入れ、カトラー・ベケット卿のもとへ届ける。ベケット卿は昇進をちらつかせて心臓を手に入れた。 3作目のパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドでは、ベケット卿によって東インド会社の一員となっていた。しかし最後はエリザベス・スワンをデイヴィ・ジョーンズの船から逃がすために裏切り、ブートストラップ・ビルに刺され、デイヴィ・ジョーンズに死ぬのが怖いかと言われるが剣でデイヴィ・ジョーンズを刺して死亡した。