小アンティル諸島

小アンティル諸島小アンティル諸島(en:Lesser Antilles)は、カリブ海の東端から東南端にかけて分布する諸島。西インド諸島・アンティル諸島の一部である。カリブ海と大西洋の境界となっている。

概要
東部のリーワード諸島と南部のウィンドワード諸島、南西部のリーワード諸島(Leeward Antilles)に分けられる。リーワード諸島(Leeward Antilles)は南米大陸縁辺部に分布している。

諸島は、北緯10度から20度にかけて分布し、熱帯性の気候を有する。沈み込み帯の影響により形成された弧状列島あり、小島が多く、火山島も多い。諸島中、最大の島はトリニダード・トバゴのトリニダード島である。行政面においては、複数の小規模独立国と植民地で構成されている。