パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

aa『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』 (-のろわれたかいぞくたち、Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl) は、2003年のアメリカ映画。アドベンチャー映画。略称は「パイカリ」。 ディズニーランドの人気アトラクションのひとつ「カリブの海賊」をモチーフにした作品。以降『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』と続くシリーズの第1作目。なお、シリーズで邦訳のサブタイトルがつけられたのは本作だけである。 主演のジョニー・デップは、この作品でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。興行収入は全米で約3億500万ドル。日本での公開は2003年8月2日。公開当時は『海賊を題材にした映画は当たらない』と言われていたが、作品のヒットにより、そのジンクスを覆したと多くの報道で話題になった。