パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 (Pirates of the Caribbean: At World's End) は、2007年のアメリカ映画。ディズニーのテーマパークのアトラクション「カリブの海賊」を映画化した「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ3作目。"At World's End" とは「世界の果てで」の意。 2003年公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のヒットにより、同時に制作された続編2本のうちの後編となる。ただし、前編にあたる2作目の『 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』公開後に撮影された。 2007年5月19日にアメリカのディズニーランドにてプレミア上映後、5月23日から5月25日にかけて全世界同時公開された。日本では5月25日の金曜日に公開された。3日間の興行収入は、日本記録を塗り替え19億4000万余り、観客動員148万人である。また、スクリーンも史上最多の全国885スクリーンで公開された 興行ランキングは3週連続TOP1。興行収入も公開わずか17日で60億を突破。これは製作したディズニー、配給元のブエナビスタジャパンの記録でTOP1、これは史上最速である(ちなみに2位はデッドマンズ・チェストの22日)。 新たなキャストとしてチョウ・ユンファが選ばれし9人の“伝説の海賊”の1人である中国人海賊の長、サオ・フェン(実際に清朝に実在した海賊(倭寇)・張保仔がモデルと言われる)として出演する。