ヴィクトリア朝

ヴィクトリア朝ヴィクトリア朝(-ちょう、Victorian era)はヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。

概観
ヴィクトリア朝は上のような社会の変化の観点から、初期(1837年から1850年)、中期(1850年から1870年代)、後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多い。初期は、ヴィクトリア朝以前の1832年に行われた第一次選挙法改正や1846年の穀物法廃止などに見られる様に、この時期は産業資本家の勢力が伸張した時代である。中期には1860年の英仏通商条約、およびグラッドストン首相のもとでの自由貿易体制が整えられ、イギリス帝国は絶頂期を迎えた。後期には、イギリス国内の生産設備老朽化や、資本集中の遅れから重化学工業への転換が遅れた一方、アメリカ合衆国やドイツなどの工業力が向上し、イギリスの経済覇権に揺らぎが見え始めた。

政治
帝国主義政策は植民地紛争の増加をもたらし、ボーア戦争、アフガン戦争などが発生した。国内において政治改革と参政権の拡大によって政治方針は次第にリベラルになっていった。

ヴィクトリア初期の下院はホイッグ党と保守党の二大政党により支配されていた。1850年代の後半にはホイッグが自由党に改組されている。メルボルン卿、サー・ロバート・ピール、ダービー卿、パーマストン卿、ウィリアム・イウォート・グラドストン、ベンジャミン・ディズレーリ及びソルズベリ卿といった多くの著名な政治家がこれらの党を率いた。アイルランドへの自治権付与に関する問題がヴィクトリア後期で大きな政治問題となり、グラッドストンやパーネルなどの政治家が問題の解決をはかった。アイルランド問題の根本的な解決は第一次世界大戦後のアイルランド自由国建国まで持ち越されることになった。

パーマストン首相はバーミンガムで購入された爆弾によるフランス皇帝ナポレオン三世の暗殺計画であるオルシーニの陰謀の処理を巡って1858年1月に辞任に追い込まれた。

1866年7月、ラッセルの総理大臣辞任を要求したロンドンの怒れる群集がハイドパークから警察によって排除された。彼らは鉄のレールをはがし、花壇を踏み荒らした。このような騒擾により、ダービーとディズレーリはさらなる議院改革の必要性を確信する。

1875年、エジプトがその負債を支払う資金を捻出させるため、英国はスエズ運河のエジプト領土を購入する。

1882年、英軍が最重要貿易路でありインドへの通路でもあるスエズ運河を囲む地域を占領したのち、エジプトはイギリスの保護領となる。

1884年、ロンドンの中流知識階層の一団が社会主義の発展を目指してフェビアン協会を設立。クエーカー・エドワード・ピーズ17歳、ヘイブロック・エリス25歳及びエディス・ネスビット26歳が参加していた。ジョージ・バーナード・ショー、H.G.ウェルズは後にこの会に参加することになる。

1887年11月13日日曜日、多くが社会主義者と失業者から成る数万人の群衆がトラファルガー広場に集結し、政府に対してデモを行った。市警察長官サー・チャールズ・ウォーレンは武装した兵士と2000名の警察官に処理を命じた。暴動が発生し、数百人の負傷者と2人の死亡者が発生した。この事件は「血の日曜日」事件と名づけられた。

事件

水晶宮の内部
万国博覧会の会場1851年、万国博覧会がロンドンのハイドパークで開催され、国際的な注目を集め成功裏に終わった。

1888年、「切り裂きジャック」として知られる連続殺人犯がロンドンの路上の娼婦を殺し死体を損壊する事件がおき、世界的にメディアを騒がせ、ヒステリーを生んだ。新聞はこの死に神を利用して、失業者の苦境に注目を集め、警察と政治的指導者を攻撃した。殺人鬼は結局つかまらなかったが、この事件はサー・チャールズ・ウォーレンを辞任に追い込んだ。